読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の国 水の国 あらすじ(ネタバレなし)【今更だけどすごい!】

2016年の冬に発表された、
このマンガがすごい!2017」の女性編で、
1位
をとった、岩本ナオ先生の『金の国 水の国』。


私も今更ながら読んだところ、
たしかにすごい!!と思ってしまいました。


そのあと、この想いを言葉にしたくて
レビューや感想ブログをめぐっていると、
 ・美しい
 ・心が洗われる、
 ・人をする気持ちを思い出す
などなど、絶賛の嵐。


そして何度も見かけたのが
癒される
という言葉。


例にもれず私も癒されたので、
理由を3つに絞って、お話したいなと思います。


詳しいネタバレを読みたい方、
国家視点からであらすじをまとめてる
面白いブログあったのでこちらへどうぞ♪

deusexmachi7.seesaa.net




細かい理由はほんとうにいっぱいあるので、
ざっくり3つにまとめてみました。


それが、


・絵

 

rapidyellow.hatenablog.jp

 


・設定

 

rapidyellow.hatenablog.jp

 


・展開(セリフ・ストーリー)

 

rapidyellow.hatenablog.jp

 



です。
漫画に必要なこと全部ですね(笑)


これのバランスがとてもいい!


たとえば絵がもっと華美だったりリアルだったりしたら、
あのほんわか感は生まれないでしょう。


全力でおとぎ話でありつつ、
西洋ファンタジーとはちょっと違う設定だったり、
「その不思議道具って現代のアレ!」って設定が出てきたり、
という読者との「近いんだか遠いんだか」の距離感。


そして、どのページを開いても、
鬱(深刻)にならない安心感。
なので、ぱらぱらっとめくって、
読み返した時も癒されやすい♪


次回から、それぞれの観点を
詳しく掘り下げていきますね。
お付き合いいただければ幸いです☆

(追記:3つとも書いたのでリンクしときました!)

deusexmachi7.seesaa.net