読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金の国水の国 1巻 ネタバレなしでおすすめ理由を書いていく。【壱】絵


岩本ナオ先生の、『金の国 水の国』。
癒される理由をまとめてみようとおもってます。

概要は、こちら↓

rapidyellow.hatenablog.jp



さて、癒される理由

その一つ目として、
「絵」をあげました。

特徴はみっつ。

 

 

空間情報の多さに圧倒される

特筆は、空間の広さ
漫画という限られた紙面ですが、
王宮に舞う鳥の解放感、
逆にうっそうとしげる森…


人々の装いや効果音も相まって、
紙面から伝わる、空間としての情報の多さ!

しかも、ほどよい情報で、

息苦しさは感じないのです。


クライマックス時のハラハラ感も、
この空間情報がなければ
半減していたことでしょう。


描き込みのバランス

基本的には、
キャラクターは
案外ざっくりと描かれてます。
特にメイン二人がざっくり(笑)

描き込み具合で主人公が決まるなら、
間違いなく第一王女でしょう…。

あと、脇役・悪役もざっくりなので、

話中の重要度が把握しやすい。


対して背景や小道具は、
細い線で丁寧に描きこまれています。


そのおかげなのか?
空白がちゃんとある絵だからか?
黒髪キャラが多くて
ベタが多いはずなのに、
画面が暗くない
(感覚的な話です)


漫画だからこその演出

忘れてはいけないのは、
見開きがきれいなこと!
ぶぁっと広がる感覚

風を感じたり、
どこまでも広がる金の国がうかんだり…
恨み節シーンで使われた見開きには、
歴代の重みを感じてうぇっとなりました(笑)


フルカラー版、出ないかと期待しています。
電子コミックでもいいので!

 

そういえば、電子コミックのレビューで、

「見開き多いので、

 アプリ横向きおすすめです」って

書かれてる管理者さんいました。

ネタバレのない記事貼っておきますねー。

deusexmachi7.seesaa.net